身内だけで行なう葬儀とは|現代に合わせた内容になっている

家族や近親者だけで行う

香典

其々の宗教にのっとって

現代では高齢化、少子化などの社会の変化に伴い、葬儀を社会的な宗教儀式というよりは、大切な故人との最後のお別れとして捉える人々が増えてきました。そのため最期まで自分らしく逝きたい、見送りたいという願いから様々な葬儀形式の選択が行われるようになっています。中でも最近門真でも増えているのが家族葬と呼ばれる葬儀で、家族や近親者だけの少人数で行うスタイルです。家族葬は故人も喪主も高齢であったり、故人や遺族の意志で葬儀は簡素にしてほしい、できるだけ家族に負担をかけたくないなど様々な理由で小規模な葬儀を望む人達の声に応えて1990年代に葬儀社が生み出した言葉です。門真で行う家族葬の形式に決まりはありませんが、葬儀自体は仏式や神式などそれぞれの宗教にのっとって行われるのが一般的です。

理解を得られるかどうか

家族葬は、家族や親族、親しい友人など少人数で行う葬儀ですので、会社関係や義理で参列する人の接待で神経を擦り減らすことがなく、故人と最後のお別れを心行くまでゆっくりと行うことができるという利点があます。また、香典返しや葬儀会場、豪華な祭壇など高額な料金は不要なため、低価格に抑えることができるのも家族葬の良いところです。但し、親戚の中には、大勢の会葬者が参列する豪華なお葬式が正しい葬儀のあり方というイメージを持っている門真の人もいるでしょう。少人数で行う家族葬への理解を得られるかどうかが重要なカギとなります。この場合は門真で行う家族葬が故人の意思であり希望だったと説明すれば、親戚も理解してくれることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加